RaspberryPi3の画面をスリープさせない方法

RaspberryPiと言うか、NOOBSのOSはバージョンにより、設定方法(箇所)が違うようです。 おかげで、はまりました。
※この情報は2016/7/18時点のものです。

RaspberryPi3を設定していたら、スリープ機能を停止できなかったので、いろいろ調べた結果をまとめます。 


RaspberryPi2(NOOBS Ver.1.4.1の頃)

設定するファイルは以下の2つ。


autostart は以下の3行を追加します。

@xset s off
@xset -dpms
@xset s noblank

RaspberryPiスリープ


lightdm.conf は以下の1行を追加します。

xserver-command=X -s 0 -dpms

「#xserver-command」と記載された部分があるので、その行の下に追加します。


RaspberryPi3(NOOBS Ver.1.9.1の頃)

ファイルが変わります。 autostartは別フォルダにあるものになります。 追加する行の内容は同じです。



もしかしたら他のバージョンでは、また設定方法が変わるのかもしれません。 私の場合は、Ver.1.4.1で出来ていた設定が、Ver.1.9.1で出来なくなったため混乱しましたが、なんとかなりました。