カテゴリ:ORJA

デザイナーの佐藤さん

2016年のORJAは、大変、忙しくお手伝いさせて頂きました。
多くの子供たちに、ロボット作成の面白さを伝えられたと思います。
協力して頂く方がいたから、できたことだと思っています。
ありがとうございます。

が、しかし、私の中で気になっている問題があります。
それは、女の子の参加者が少ない!

ロボットの作成と言っても、男女で特に差はないと思っています。
体験会は、男の子も女の子も同じくらいの人数が来ます。

なぜなんだろう?

私の出した答えは、「かわいくない!」

ORJAロボット

これです!
シンプルで、すっきりしていますが、「かわいい」とは言えないかな。

動くとかわいいですよ!

ボールを一生懸命追いかける姿は、子供たちの心をつかんでいます。
体験会などで自由に遊んでもらうと、みんなボールの取り合いになります。

だって、ロボットはボールを見つけると寄ってきます。
ボールがあれば、ロボットに好かれる?感じがします。

池の鯉が寄ってくる感じ?
ちょっと違うかな・・・

ボールはロボットが見えるところに置かないと、寄ってきてくれません。
どこかへ行ってしまいます。

ロボットからすると、見つけられず、他を探しに行くだけなんですけど・・・
それが、「かわいい」動きになっています。

でも、見た目はシンプル。

ORJAロボット

少しカバーを付けてみたけど、かわいくない・・・

そう言う思いを持ちながら、昨年、紹介されたときから気になっていた、
佐藤さん(デザイナー)に、お会いしてきました。

佐藤さんは、デザインコンサルティングをされている方です。
私は「デザイナー」とひとくくりにしていましたが、ちょっと違います。

↓佐藤さんの詳しい情報はこちら
http://hidetosato.com/

佐藤さんは、違う見方を教えてくれるような、そんな感じのする方です。
お伺いした事務所も、白を基本としたシンプルだけど、こだわりを感じる処でした。

20~30分くらいのつもりが、大幅に超過!
佐藤さんとのお話は楽しかったですね~

いろいろお話しするなかで、私と共通する事も!
人と会う時と、自分の作業を行う時で、頭の切り替えがすぐにできない。
それがちょっとの時間でないことも!

私も自分の事ながら気が付いていました。
技術者として作業をするときは、誰にも会わずこもっていたいと。

職種は違うけど、同じなんでしょうか?
切り替えに時間がかかることも、面白い発見でした。

また、ORJAロボも見て頂きました。

面白い!

という感想でした。

私も「かわいい」ORJAロボットにするアドバイスをもらいました。
今年はこれを試してみたいと思います。

ロボカップのサッカーとは離れていきますが、
ロボカップにはOnStageもあります。
こちら向きになるかもしれません。

いろいろつながっていきます。
今年もおもしろい1年になりそうです。