見積は無料なので、お気軽にご相談下さい。
また、私たちが得意な分野は以下になります。


物の管理をWindowsパソコンで行うシステム

工場や販売店で扱う、部品や商品を管理するシステムを作成します。 WindowsPC用のアプリを開発し、データはSQL Serverで管理します。 マイクロソフト社が提供するクラウドサービス(Azure)を使い、システムを構築することも可能です。

また、入力されたデータは、お客様自身で再利用できるよう設計します。 取り出したデータはエクセルなどで、自由に加工して使うことができます。 ただし、全ての情報に、だれもがアクセスできると、セキュリティの問題が発生します。 アクセス権限を適正に設定するのはもちろんですが、重要な情報は他の情報と分けておくなど、設計時点からセキュリティを考慮しています。


組み込み機器のアプリ開発

電子マネー端末やポイント処理端末、アミューズメント機器などのアプリケーションを開発しています。 また、これら端末の出荷時設定や、設置後の管理を遠隔で行うシステムを開発しています。


試作

詳しい情報は秘密保持により公開できませんが、いろいろな試作を受託しています。


最初の問い合わせから見積、完成まで


make_1.jpg

1 ご要望を教えて下さい

どのようなアイデアなのか、あなたが何にお困りなのか、どういった結果を求めているのか、など、あなたが求める要望を教えて下さい。 最初から詳しく説明できなくても問題ありません。


2 ご要望を確認します。

頂いたご要望の内容を詳しく確認します。 私は、システムを作るうえで、この作業が一番大切だと感じています。 あなたの要望を間違えた形で理解してしまわないよう、丁寧に確認させて頂きます。

make_2.jpg


make_3.jpg

3 提案書を作成します。

確認したご要望を元に提案書を作成します。 提案書はこれから作ろうとするシステムを説明するものです。 提案内容にご不明な点、満足頂けない点などがあれば、遠慮無くお申し付け下さい。 納得頂けるまでご説明、又は、提案書の修正を行います。


4 見積書を作成します。

提案内容に納得頂けたら、見積書を作成します。 提案内容と見積金額をご了承頂ければ、契約書を締結し、システムの作成を進めていきます。

make_4.jpg


make_5.jpg

5 詳細設計書を作成します。

システムを利用するときのマニュアルに近いものを作成します。 この時点で、提案書にあった機能を削除したり、提案書になかった機能を追加する必要が生じたときは、提案書、及び見積書を再作成します。


6 システムを作成します。

詳細設計書にしたがって、ソフトウエアやハードウエアを作成します。 この作業の途中で、このシステムがどのように動作するのか、おおまかな動きや画面、操作方法を確認することも可能です。 私たちの方からご案内しますので、時間の都合が付くようでしたら、ぜひご覧下さい。

make_6.jpg


make_7.jpg

7 システムを納品します。

できあがったシステムの機能を確認します。 システムとは、複数のソフトウエアやハードウエアが連携し、正しく動作することで完成します。


8 運用のサポート。

新しく作成したシステムが、いつも通り、正常に運用できるよう、サポートいたします。 導入時は正常に動作していても、段々と動作が不安定になる事もあります。 同じ環境を保持することで、いつでも問題の解決に対応する備えをすることができます。

make_8.jpg

版権: johan2011 / 123RF 写真素材