ロボットプログラミング教室


すべての子どもにプログラミングを学んで欲しい!

これが、この教室を始める事を決めたときの、私の気持ちです。
私たちの周りには、これから沢山のロボットが生まれてきます。 子どもたちは、そのロボットを使う側に立つのか、使われる側になるのか? もちろん使う側になって欲しいと思います。 そこで大切になるのは、ロボットの動きを決めているプログラムです。 ロボットプログラミング教室は、ロボットのプログラムを学ぶ教室です。

ロボット作りは、ロボットの構造の作成、電子回路の作成、プログラミングと多くの事を学ぶ必要があります。 今はこれが簡単になってきています。 ロボットの構造は、3Dプリンタにより、いろいろな形の部品を作ることができます。 電子回路は、簡単に使える部品が増えたことや、値段が安くなった事で、作りやすくなっています。 プログラミングもブロック形式のものを使えば、簡単にロボットを動かすことが出来ます。

全部簡単になってきていますが、複雑な動きをロボットにさせたくなると、プログラミングが難しくなります。 理由はプログラムの量が増えるためです。 プログラムの量が増えると、なぜか、ちゃんと動かない状況が、発生するようになります。 「なぜ」の答えは、必ずあります。 ロボットはプログラミングされた通りにしか、動かないからです。

プログラムは作り方があります。 教室では、この作り方を学べるようにします。 正しく学べば、ちゃんと動かないロボットが、思った通りに動くようになります。 これはプログラム技術者である私の経験と、NPO法人岡山ロボット技術子供育成協会のメンバーとして、教材の製作や、講師として活動してきた事から感じていることです。 私は、子どもたちが自分の考えた通り動くロボットを、楽しみながら作れる教室にしていきたいと思います。

川野壮一


教材

20170508_01.jpg

ORJAが講習会で利用しているロボットと、同等のものを使います。

ORJAとは>

ORJA向けに作成した教材や、独自に教室向けに作成した教材を利用します。 教室が作成した教材は、インターロボット株式会社と協力し、ペッパーでも利用されています。

ペッパーを先生とした動画はこちら>


教室のカリキュラム

ロボットを使います。 ご自分のロボットや、ノートPCをお持ちでしたらご持参下さい。 教室でも教材としてのロボットを用意しますが、他の生徒と共有することになるので、改造などはできません。 ロボットはArduinoと言うコンピュータを使ったものなら、メーカーなどは問いません。 パソコンも教室で用意しますが、ご自宅に戻られてからもプログラムを作るなら、ご用意されることをお薦めします。


初級

ブロックを使ったプログラムで、簡単なロボットの動きや、センサーの動作を確認出来るようになります。 画面一杯に、ブロックが埋まるようなプログラムが作れるようになったら、初級は終了と思います。

20170506_01.png


中級

ブロックを使わない(テキスト形式の)プログラムで、プログラミングが出来るようになります。 キーボードでアルファベット(ABCなど)を入力します。 キー入力に苦労するかもしれませんが、これができるようになると、いろいろなコンピュータ言語を扱えるようになります。

20170506_02.png



キーボード入力に慣れるため、タイピングをゲーム形式で行えるソフトなども利用します。

タイピングゲーム


上級

複雑なプログラムが作れるようになります。 複雑なプログラムとは、いくつかの機能を持ったプログラムを組合せ、連携させて動かすようなものです。 これはプログラムの構造を考える必要があります。 教室ではUMLと言うモデリング言語(図を使って表現するものです)を使う予定です。

※3Dプリンタの使い方、電子回路の作り方の教材は、提供を予定しています。


年齢制限はあるの?

年齢制限は付けません。 希望する子どもが、希望する教材を学べるようにします。
子どもたちの可能性は、とても大きいと思っています。 私の判断で、子どもたちの教材を選択するのではなく、子どもたちが、自分で選択した教材を学べるようにします。
もちろん、適切な支援は行います。

プログラマを育てるの?

プログラマを育てるつもりはありません。 ただ、自分が必要と思うプログラムを、自分で作る技術を身につけることになります。 その技術は、会社員になったとしても重要になります。 エクセルを業務で利用する会社は多いと思います。 そのときプログラムの知識があると、自分でデータを加工したり、自動で処理することで、業務の簡略化を自分で出来るようになります。 他に農業でも、自分で作ったセンサーを田畑に設置し、取得できたデータをプログラムで処理し、今までに無い農業の形を作ることも出来ます。

私たちの周りには、いろいろな仕事があります。 その仕事を一番理解しているのは、その仕事を行っている人です。 一番理解している人が、仕事を改善したり、全く新しいものに変えたりする事ができる、一番近い人です。 一番近い人が、ロボット作りの技術を持っていたら、その仕事はとても素晴らしいものに変わっていくと思います。


コンテストへの参加

希望する子どもたちに、コンテストを紹介しています。 強制することはありませんが、何か目標があると、学ぶ事も楽しくなります。 ロボカップジュニアは世界大会まである、大きな大会です。 2016年の世界大会はドイツ、2017年は日本(名古屋)と、世界各国をまわります。 WorldRobotSummit は政府が進める競技会です。 まだどんな大会になるのか分かりませんが、面白そうです。 全国小中学生プログラミング大会は、CANVASなどが主催するコンテストです。 CANVASは、早くからプログラミングなどの重要性を発信してきたNPOです。

ロボカップジュニア

教室で使うロボットはロボカップジュニアの、サッカーリーグ向けに設計されたものです。 サッカーに参加するのが一番簡単です。 またロボットを改造することで、レスキューリーグや、OnStageリーグに参加することもできます。

ロボカップジュニアとは >

World Robot Summit

経済産業省が2020年に開催する、World Robot Summit もルールがロボカップに近いため、参加するのはそれほど難しくないと思います。 開催までは時間がありますが、情報は集めていますので、希望する子どもたちにはお知らせします。

World Robot Summitとは >

全国小中学生プログラミング大会

夏休み期間中に作品を受け付けしているので、夏休みの課題としてプログラムに取り組むのも良いと思います。 プログラムの言語や環境に制限はないので、アイデアが重要になってきます。 2017年のテーマは「こんなのあったらいいな」です。

全国小中学生プログラミング大会 >


教室の日程

教室は、毎週土曜日に開催します。 時間は90分です。 時間帯は以下の3つがあります。 ご都合の良い時間帯に参加できます。

  • 14:00~15:30
  • 16:00~17:30
  • 18:00~19:30

基本となる時間帯を決めていただきます。 もし都合が悪くなった場合は変更できます。 ただし、変更時は教室へお電話下さい。


授業料

費用は月に2回のコースです。 月に2回参加できなかったときは、翌月に持ち越しすることができます。
月額 6,480円(税込)

また入会金(初月のみ)が必要です。
5,400円(税込)

ご自分のロボットがない方で、購入を希望される方は、18,000円(税込)で提供しています。 入会時にロボットを購入される方は、入会金を免除いたします。 ロボットはORJA講習会で使われているものと同等になります。


アクセス(表町教室)

教室は、天満屋とシンフォニービルの間にあります。 天満屋バスセンターから歩いて3分ほどです。 表町商店街のアーケードを通れば、雨に濡れずに通えます。